後期学部授業関係のご連絡



「無機化学」III類2年:
この科目は、以前にS学科3年生(前学期)に開講されていたものです。過去問の追跡については御注意を。
10月 3日:一家に1枚周期表(113番元素 Nh を記載した最新第10版出来!)
       2016年は第7周期元素の全員に名前が与えられた記念すべき年であった。
      :授業で紹介したソフトウェア、Atom in a box
       水素類似型原子軌道の可視化ソフト。スマホ用アプリもあるよ。肌身離さずShroedinger!
10月10日:Moseleyの法則(ボーアモデル)の副読本、「小川正孝〜ニッポニウムの発見者」
       数研出版にあるpdf記事が参考になります。日本人の発見した元素はない、との記載は要修正。
      :資料水素原子の話
      :宿題その1、提出締切11/07。
10月24日:資料電気陰性度の話
      :分子軌道(LCAO)。
      :資料原子軌道の対称性
      :宿題その2、提出11/28(予定)。
11月14日:資料宿題その1の解説編




「生体機能システム実験第二」S科3年:
【レポートに対するポリシー】
レポートは、word、excel、好きなだけ使って下さい。特に、データ処理に関わる表計算ソフトの取り扱いは、
社会に出るまでの must-have 技能です。ただし、同じレポートが2通でてきたら、両方0点にします。
これは、本学の定める不正行為(カンニング)の取り扱いと同様です。
文章作法:物理量文字をイタリックに、単位文字はプレーンに、
物理量の上付き下付き文字は意味による(exや∞やmは物理量じゃないからプレーン)。
数値と単位の間は半角スペース。

石田の担当「8 蛍光スペクトル測定」
レポートを採点して気付いたことを記します。
物理量には単位を付して下さい。I については、濃度で割られた値であることに注意して下さい。
分かりにくいですが、Iとは次元が異なります!I の持つ意味は、吸収スペクトルのεに対応するものと考える。
二量化および自己消光、遮蔽の問題を抱えている本系では、無限大希釈で I/c が漸近的に I となります。
平衡定数 Kex については式(5)から判断して、単位を与えて下さい。
表を示す際には、有効数字に配慮して下さい。表計算ソフトでは表示の様式を変えられます。




「生体機能システム演習第二」S科3年:
石田の担当は、最後の5回です。
主として有機量子化学です。実施要綱は、これまでの歴史的いきがかり上
生体機能システム実験第二の方のテキストの最後尾に含まれています。
もしこのテキストを持っていない場合、ここからダウンロード願います。
(以下日程は未定)
12月xx日:第1回、フロンティア軌道論初歩、有機量子化学、予習問題解説。
1月 xx日:第2回、協奏的環化付加反応の演習。
1月 xx日:第3回、協奏的環化付加反応の解説。
1月 xx日:第4回、反応の位置選択性と配向性、反応熱の算出の演習。
2月 xx日:第5回、反応の位置選択性と配向性、反応熱の算出の解説。
第2−5回について、A班(xxxxxxx-yyyyyyy+α)とB班(zzzzzzz-wwwwwww+α)に分け、B班は演習と解説を逆順にします。
解説は E6-237, 演習は E6-704で実施。演習の一週間後にはレポート提出です。




「現代化学」(上級科目)全学3、4年:
石田の担当は1回分です。
12月28日:第8回「ESR(電子スピン共鳴)で測れば過激分子が判る」
授業のパワポ資料(10.8MB)。
レポートの課題は講義中にお話しします。





書評
3件あります。



  • ブラウザの「戻る」で戻ってください。